サントリーが取り組む環境活動

想いは、森へ向かう。サントリー「天然水の森」

想いは、森へ向かう。
サントリー「天然水の森」

山に降った雨や雪は、大地にしみ込んで、およそ20年以上の
歳月をかけて清らかな地下水に生まれ変わります。
このかけがえのない水を、
子どもたち、孫たちの世代にも残していきたい、
その想いからサントリーは、水源の森を育む活動を行なっています。

「天然水の森」について

想いは、子どもたちへ向かう。
サントリー次世代環境教育「水育」

豊かな自然が生み出す水の大切さを、子どもたちに伝えるために、
サントリーは次世代環境教育「水育」を展開しています。
「水育」は、「森と水の学校」と「出張授業」の
ふたつを中心に活動しています。

「水育」について

想いは、子どもたちへ向かう。サントリー次世代環境教育「水育」

想いは、鳥へ向かう。サントリーの愛鳥活動

想いは、鳥へ向かう。
サントリーの愛鳥活動

はじまりは、1973年。
高度成長と引き換えに、豊かな自然が失われつつある時代、
私たちが目を向けたのは、鳥でした。鳥は環境のバロメーター。
鳥がすめなくなったところには、人も、すむことはできません。
こうしてはじまった「愛鳥活動」は、世紀をこえた今も続いています。

「愛鳥活動」について

お客様センターの取り組み

お客様センターの取り組み

お客様と直接対話するスタッフは、サントリー社員と同じ研修を受けた、お客様対応のプロフェッショナル集団です。

詳しくはこちら