サントリー天然水は品質管理を徹底しています

工場で使用する水は、それぞれの工場が日常的に分析・検査を行い、しっかり管理しています。
化学的な分析や微生物検査などで安全性を確認するほか、人の五感を用いる官能検査で、
分析機器では感知できない水の変化についても確認を行っています。
微生物検査
微生物検査
微生物検査を行い、細菌などによる汚染がないか確認。
官能検査
官能検査
官能検査で水の変化がないか確認。
化学検査
化学検査
pHや硬度など、水の成分をいくつかの化学検査によってチェックします。

科学的に水の安全を保証しています

サントリーの「安全性科学センター」では、定期的に分析・検査し、水の安全を保証しています。定期検査の項目数は、「水道法・水質基準項目」51項目に加え、「サントリー独自の項目」を合わせて約200項目にのぼります。

放射性物質に対する取り組み

研究を行う女性