1人暮らし(男性)のウォーターサーバーがある暮らし・ない暮らし

近年、健康意識の高まりからウォーターサーバーを利用する方が増えています。

一昔前まではウォーターサーバーの利用者層は30代~40代の家族世帯が中心でしたが、最近は年代を問わず、一人暮らしで利用している方も珍しくありません。

一人暮らしであってもウォーターサーバーがあるのは大変便利ですが、一人暮らしゆえに二の足を踏んでいる方も多いのではないでしょうか。また、普段の生活スタイルによって向いている人・向いていない人がいるのも事実です。

今回は一人暮らしでウォーターサーバーを検討している方のために、利便性やコスト面をはじめ、ウォーターサーバーを利用するメリットと注意点を紹介します。

一人暮らしでもウォーターサーバーを導入すべき?

「一人暮らしでウォーターサーバーは贅沢かもしれない」
「一人だと持て余してしまうのではないか・・・」

一人暮らしだと、そういった不安をお持ちの方は多いでしょう。そこでまずは、ウォーターサーバーの利便性と費用(コスト)について紹介します。

利便性

ウォーターサーバーは「生活必需品」ではないものの、家にあると便利なアイテムです。いつでも気軽にミネラルウォーターが飲めるだけでなく、温かい飲み物もすぐに用意することができます。

加えて、飲み水としてだけでなく、料理用の水として使えるのも便利なポイントです。

ウォーターサーバーの水を料理で使うのはもったいないと思うかもしれませんが、料理愛好家などを中心に最近は水道水の代わりにミネラルウォーターを使う人も増えています。水を変えるだけで料理が見違えるほど美味しくなるケースも珍しくありません。

また、ウォーターサーバーは指定の日時に自宅まで水を配達してもらえるので、定期的にスーパーやコンビニでミネラルウォーターを購入している人であれば、その手間はなくなります。

コスト

ウォーターサーバーの導入を検討している方の多くがネックに感じているのが「コスト」ではないでしょうか。

ウォーターサーバーにかかる費用は、水代だけでなく、電気代、会社によっては初期費用やメンテナンス料もかかります。

※サントリーのウォーターサーバーは初期費用やメンテナンス料は無料

ただ、一概にウォーターサーバーのコストが高いかというとそうではありません。

ウォーターサーバーのコストをその他手段と比較

ウォーターサーバー以外に水を買う(飲む)方法として、下記3つと比較します。

  • ペットボトル
  • 水道水
  • 浄水器

それぞれの水代、電気代、初期費用は次の通りです。

ウォーターサーバー ペットボトル(500ml) 水道水 浄水器
水代(500mlあたり) 約80円~85円 約80円~120円 約0.1円 約0.1円
電気代 約1,500円 冷蔵庫、電気ポットなどで電気代が発生
初期費用 基本無料 無料 無料 数千円~10数万円

水代は、ウォーターサーバーの方がペットボトルや水道水(浄水器)よりも費用がかかります。ですが、ペットボトルをコンビニや自動販売機で購入すると500mlで100円を超えるので、生活スタイルによってはウォーターサーバーの方がお得になります。

また、ウォーターサーバーには電気代がかかりますが、ウォーターサーバーは他と違って冷蔵庫で冷やしたり、電気ケトルでお湯を沸かしたりする必要があるので、このときに電気代が発生します。

何よりウォーターサーバーは手間や労力といった「時間的コスト」が他よりも秀でています。ウォーターサーバーの水は配送してくれるので買いに行く手間はありませんし、お湯を沸かす必要がないので飲むときだけでなく、料理の時短にもなります。

こうした時間や手間の節約を含めて、総合的なコストを考慮するとウォーターサーバーのコストは決して高くないといえます。

ちなみに、サントリーのウォーターサーバーは初期費用、サーバーレンタル料、配送料、メンテナンス料が一切かかりません。生活スタイルに合わせたプランもあり、「スマートプラン」は低価格で利用できます。

サントリーのウォーターサーバーの利用料金に関しては、下記ページをご覧ください。

ウォーターサーバーの料金・プラン|サントリー天然水

ウォーターサーバー利用が向いている人はこんな人

ウォーターサーバーを検討している方のなかでも、とくにおすすめなのは次のような方です。

  • ミネラルウォーターを飲む習慣がある
  • お湯を使う習慣がある(お茶やコーヒー、お酒、インスタント食品など)
  • 家事の時間や手間を減らしたい
  • 水道水で調理したくない
  • 定期的にペットボトルの水を購入している

上記に該当している方であれば、ウォーターサーバーを有効活用できるでしょう。

利用開始前に知っておきたい、メリットと知っておくべき点

ここでは、より具体的に一人暮らしでウォーターサーバーを利用するメリットと注意点を紹介します。

メリット

メリットは次の4つです。それぞれについて説明していきます。

① いつでも冷水と温水が利用できる

② 定期的に配送してくれるので買いに行かなくていい

③ ゴミの削減

④ 清潔な水が飲める

メリット➀ いつでも冷水と温水が利用できる

一人暮らしだと水を冷やすのも、お湯を沸かすのも自分でやらなければいけません。ウォーターサーバーがあれば、水を冷やす必要もお湯を沸かす必要もなく、いつでも冷水と温水をすぐに飲むことができます。

また、急な来客があった際にもスムーズに飲み物を用意することができるのも嬉しいポイントです。

メリット② 定期的に配送してくれるので買いに行かなくていい

ウォーターサーバーの水は原則、定期配送なので「買いに行く」手間がなくなります。

とくに一人暮らしで夜遅くに帰宅した際、うっかり水を買い忘れたときに再度外出して買いに行くのは面倒です。ウォーターサーバーを利用していれば、そういった手間を省くことができます。

また、家に常に飲料水があるという意味では、自然災害などが万一起きた場合でも、家に備蓄がある状態ともいえます。

メリット③ ゴミの削減

意外に見落としがちなメリットですが、ウォーターサーバーを利用していればゴミが少なくなります。

一人暮らしで利用することの多いペットボトルのミネラルウォーターは、飲むたびにゴミが溜まります。そして、ペットボトルをゴミとして出せるのが週に1回、または2週間に1回しかない場合は、その期間中はずっと家に置いておかないといけません。

一日に1リットル程度自宅で水を飲むと仮定した場合、500mlのペットボトルだと、毎日2本のゴミが増えますが、ウォーターサーバーの水は大容量(サントリーの場合7.8L)なので、1週間に1個程度しかゴミが出ない計算になります。

メリット④ 清潔な水が飲める

ウォーターサーバーには自動洗浄機能があるので、タンク内の水は常に清潔に保たれます。掃除が必要ないという点も一人暮らしの方にとっては嬉しいですよね。

特に、サントリーのウォーターサーバーの自動洗浄機能「おいしさキーパー」は業界最高水準(※)のオートクリーンシステムにより、いつでも清潔さが保たれ安心です。

※宅配水業界における自動清掃機能の稼働頻度。自社調べ(2021年3月時点) 

おいしさキーパーについて詳しくはコチラ

知っておくべき点

先述したようなメリットがあるウォーターサーバーですが、導入するにあたって注意すべきポイントがあります。

知っておくべき点① 置き場所が必要

1人暮らしの部屋だと、ウォーターサーバーを置くのに十分なスペースがないケースもあり得ます。

サントリーのウォーターサーバーのサイズは、幅 37 × 奥行 45 ×高さ 124(単位はセンチメートル)です。

また、壁から左側面10cm以上、右側15cm以上、背面10cm以上離すようお願いしていますので、このスペースが確保できることを確認してからお申し込みください。

知っておくべき点② ランニングコストがかかる

ウォーターサーバーは導入した後は、水代と電気代が継続的にかかります。会社によってはメンテナンス料や配送料もかかる場合もあります。

サントリーのウォーターサーバーは初期費用、メンテナンス料、配送料は一切不要です。ただし月々の水代や電気代は発生するので、月々どのくらい支払うことになるのかは事前に確認しておきましょう。

知っておくべき点③ 契約内容によっては解約費用がかかる場合もある

一般的にウォーターサーバーは2年~5年ほど継続して利用することを前提に契約します。ですので、その期間を全うせずに中途解約した場合は別途手数料が発生するので事前に確認をしておきましょう。

なお、サントリーのウォーターサーバーも24ヶ月以上経過する前に解約すると手数料が発生します。

解約料金についてはコチラ

ウォーターサーバーがある暮らし、ない暮らしをシミュレーション

それでは最後に、1人暮らしでウォーターサーバーが「ある暮らし」と「ない暮らし」をシミュレーションしてみました。導入後のイメージの参考にしてください。

 

1人暮らし(男性)

28歳・営業職のサラリーマン。仕事は充実しており、毎日忙しく働いています。 平日は朝早く起きて、コーヒーとパンの朝食を摂り、出勤。日中は外回りや打ち合わせで忙しく、夜は飲み会も多いため帰りは24時を過ぎることも……。 外食をしなかった夜も、自宅で晩酌は欠かさない。

  • ウォーターサーバーがある暮らし
  • ウォーターサーバーがない暮らし
  • ある暮らし

    AM6:30 起床

    6時半に起床して、まずは目覚めの水を一杯。ウォーターサーバーがあればいつでも冷たい水が飲めるから、なんとなく寝起きの悪い日も、前夜のお酒が残っている日も、すっきり目覚められるのがうれしいところです。

    AM7:30 起床

    続いての朝食は、いつもコーヒーとパン。ばたばたと用意をしながらでも、お湯がさっと出るため、すばやくコーヒーを淹れられます。おいしい天然水で淹れたコーヒーは、心なしか風味もよく出ているように感じます。

    AM11:00 仕事中

    支度を済ませ、満員電車に揺られながら会社へ。職場でEメールチェックや朝礼をこなし、外回りに出かけます。移動中に喉が渇いたときは、カバンに忍ばせておいた水筒が大活躍。出がけにサーバーから冷たい水を入れておいたので、わざわざミネラルウォーターを買う必要がありません。以前はなんだかんだとコンビニで買い物をしていたけれど、出費が抑えられるようになりました

    PM9:00 帰宅

    打ち合わせや見積作成を終えると、もう21時。今日はまっすぐ帰宅することにしました。家に着いたときには疲れてしまい、食事を作る気力がありません……。そこで、買い置きしておいたラーメンにウォーターサーバーからお湯を注ぎ、すばやく夕食に。栄養バランスはちょっと気になるけれど、お湯を沸かす手間さえ省けるのが魅力です。もちろん、大好きな焼酎で晩酌も。水割りやお湯割りも、ウォーターサーバーなら自由自在です。先日遊びに来た友達にも、「便利」「デザインがかっこいい」と大好評

    AM1:00 晩酌

    いつもお酒をおいしく感じられるので、自宅で飲む頻度も増え、飲み代がちょっとだけ減りました。大好きなサッカー中継を見ながら焼酎の水割りを楽しんでいたら、もう25時! 明日に備えてそろそろ寝なくちゃいけません。

  • ない暮らし

    AM6:30 起床

    6時半に起床したら、なんだか部屋が暑い……。まずは水を一杯飲みたかったのに、ミネラルウォーターの買い置きを忘れていて、冷蔵庫はからっぽ。水道水を飲んでみるものの、ぬるくてあまりよい気分にはなれません。

    AM7:30 起床

    気を取り直して、朝食の用意。ばたばたと支度をしながら、パンを用意して、コーヒーのドリップを準備します。ポットを電源につなぎ、水を入れて、待つこと数分。スイッチを入れてからの時間が、忙しい朝には長く感じられます。朝食にたどりつくまでに面倒な手順が多く、タイムアップになる朝もしばしば。やっとコーヒーを飲み干した頃には、遅刻寸前!焦って満員電車に乗り込みました。

    AM11:00 仕事中

    アポイントのために外へ出ると、かんかん照りで喉が渇きます。さっとお水が飲みたいのに、なかなか自販機やコンビニが見つからず……仕方なく、近くのカフェに入ってやや高めのアイスコーヒーを頼んでしまいました。一ヶ月の飲み物代、積もり積もるとバカにできない金額になっています

    PM9:00 帰宅

    21時頃まで見積作成や社内の打ち合わせが続き、さすがにぐったり。今日はまっすぐ帰って、早くのんびりすることにしました。帰路を急ぐ中、今朝ペットボトルの飲料水がなくなっていたことに気づいたものの、書類がいっぱい詰まったかばんを抱えてスーパーに寄るのが面倒くさい! でも、今朝の悲劇を繰り返さないため、重い足取りでスーパーに向かいます。

    AM1:00 晩酌

    帰宅してからインスタント焼きそばと、大好きな焼酎で晩酌タイム。水割りをしようと思ったけれど、買ってきたばかりのミネラルウォーターは冷えていないし、氷も作っていない……。今日はもう、早く寝てしまうのがよさそうです。

  • ウォーターサーバーがある暮らし
  • ウォーターサーバーがない暮らし

ウォーターサーバーがある暮らし

ウォーターサーバーがある暮らし

ウォーターサーバーがない暮らし

ウォーターサーバーがない暮らし
6時半に起床して、まずは目覚めの水を一杯。ウォーターサーバーがあればいつでも冷たい水が飲めるから、なんとなく寝起きの悪い日も、前夜のお酒が残っている日も、すっきり目覚められるのがうれしいところです。
6時半に起床したら、なんだか部屋が暑い……。まずは水を一杯飲みたかったのに、ミネラルウォーターの買い置きを忘れていて、冷蔵庫はからっぽ。水道水を飲んでみるものの、ぬるくてあまりよい気分にはなれません。
続いての朝食は、いつもコーヒーとパン。ばたばたと用意をしながらでも、お湯がさっと出るため、すばやくコーヒーを淹れられます。おいしい天然水で淹れたコーヒーは、心なしか風味もよく出ているように感じます。
気を取り直して、朝食の用意。ばたばたと支度をしながら、パンを用意して、コーヒーのドリップを準備します。ポットを電源につなぎ、水を入れて、待つこと数分。スイッチを入れてからの時間が、忙しい朝には長く感じられます。朝食にたどりつくまでに面倒な手順が多く、タイムアップになる朝もしばしば。やっとコーヒーを飲み干した頃には、遅刻寸前!焦って満員電車に乗り込みました。
支度を済ませ、満員電車に揺られながら会社へ。職場でEメールチェックや朝礼をこなし、外回りに出かけます。移動中に喉が渇いたときは、カバンに忍ばせておいた水筒が大活躍。出がけにサーバーから冷たい水を入れておいたので、わざわざミネラルウォーターを買う必要がありません。以前はなんだかんだとコンビニで買い物をしていたけれど、出費が抑えられるようになりました。
アポイントのために外へ出ると、かんかん照りで喉が渇きます。さっとお水が飲みたいのに、なかなか自販機やコンビニが見つからず……仕方なく、近くのカフェに入ってやや高めのアイスコーヒーを頼んでしまいました。一ヶ月の飲み物代、積もり積もるとバカにできない金額になっています。
打ち合わせや見積作成を終えると、もう21時。今日はまっすぐ帰宅することにしました。家に着いたときには疲れてしまい、食事を作る気力がありません……。そこで、買い置きしておいたラーメンにウォーターサーバーからお湯を注ぎ、すばやく夕食に。栄養バランスはちょっと気になるけれど、お湯を沸かす手間さえ省けるのが魅力です。もちろん、大好きな焼酎で晩酌も。水割りやお湯割りも、ウォーターサーバーなら自由自在です。先日遊びに来た友達にも、「便利」「デザインがかっこいい」と大好評。
21時頃まで見積作成や社内の打ち合わせが続き、さすがにぐったり。今日はまっすぐ帰って、早くのんびりすることにしました。帰路を急ぐ中、今朝ペットボトルの飲料水がなくなっていたことに気づいたものの、書類がいっぱい詰まったかばんを抱えてスーパーに寄るのが面倒くさい! でも、今朝の悲劇を繰り返さないため、重い足取りでスーパーに向かいます。
いつもお酒をおいしく感じられるので、自宅で飲む頻度も増え、飲み代がちょっとだけ減りました。大好きなサッカー中継を見ながら焼酎の水割りを楽しんでいたら、もう25時! 明日に備えてそろそろ寝なくちゃいけません。
帰宅してからインスタント焼きそばと、大好きな焼酎で晩酌タイム。水割りをしようと思ったけれど、買ってきたばかりのミネラルウォーターは冷えていないし、氷も作っていない……。今日はもう、早く寝てしまうのがよさそうです。

送料0円  最短お届け7日