中小企業における福利厚生の重要性!会社と従業員の成長を促すメリット

2022/12/28 更新日:2023/12/25

働き方改革の広まりによって、福利厚生に注目するビジネスパーソンや企業が増えています。大企業では法定外福利厚生を増やせるケースが多いですが、中小企業では費用負担の面から、福利厚生の充実が難しいケースも少なくありません。

 

この記事では、中小企業の福利厚生の現状や重要性、得られるメリットや中小企業におすすめの福利厚生などについて解説します。ぜひ参考にしてください。

 

 

中小企業の福利厚生の現状

近年では中小企業だけでなく、大企業でも法定外福利厚生費にかけるコストは減少傾向です。福利厚生費が減っている理由の一つは、福利厚生が住宅補助などの生活費に直結した支援から、研修や健康関連の支援といったものに移行していることです。

 

また少子高齢化によって労働人口が減ることで、厚生年金保険や健康保険の料率が上がり、退職給付金も増加していることで、福利厚生に関する企業負担が増えています。福利厚生にかかる費用が増える状況が続けば、今後も新たな福利厚生の取り組みを検討できる企業は限られてくる可能性があります。

 

 

中小企業で福利厚生が重要な理由

中小企業で福利厚生が重要な理由は以下のとおりです。

 

・採用活動に良い影響がある

・社員の満足度が高まる

・従業員のモチベーションが上がり業績に良い影響がある

・社会的信用が高まる

・法人税を節税する効果がある

 

それぞれ解説します。

 

1.採用活動に良い影響がある

手厚い福利厚生を整備することで、採用活動に良い影響が現れます。近年では求職者が企業を選ぶ際、ボーナスや給与などの待遇と同じように福利厚生の充実が重要視される傾向です。福利厚生を充実させて求職者が増えれば、結果として優秀な人材を獲得しやすくなるでしょう。

中小企業は一般的に、財力がある大企業と比べると福利厚生が充実していないというイメージを持たれる場合も少なくありません。福利厚生を手厚くすることで、他の企業との差別化ができ、求職者から選ばれる可能性が高まります。

 

2.社員の満足度が高まる

福利厚生を充実させると社員満足度の向上に効果的です。中小企業に限らず、多くの企業にとって福利厚生を整えることは、社員が快適に働ける環境づくりに必要とされます。

福利厚生に力を入れることで社員満足度が高まれば、モチベーションや生産性の向上につながります。社員満足度の向上に役立つ福利厚生の例は以下のとおりです。

 

・住宅手当や家賃補助

・ランチ手当といった食事補助

・旅行や宿泊・レジャー施設の割引

・法定外健康診断の実施といった健康関連のサポート

 

3.従業員のモチベーションが上がり業績に影響する

福利厚生の充実によって従業員のモチベーションが上がると、企業の業績にも影響します。例えば福利厚生によってプライベートが充実したり、生活に関する不安が軽減されたりすると、仕事に集中しやすくなるでしょう。

業務に意欲的な従業員が増えると職場の雰囲気が良くなり、仕事の効率化や社内コミュニケーションの活性化に効果的です。中小企業こそ企業全体の成長のため、福利厚生を充実させることが求められます。

 

4.社会的信用が高まる

福利厚生に力を入れている企業は、安定した経営を行っていると認識されやすく、社会的信用が高まりやすい傾向があります。近年では社内の従業員だけでなく、消費者や投資家も企業の経営方針について注目しています。

福利厚生の充実は、健康経営の実践や従業員重視の経営、人材育成の強化などと同じく、社会的に評価されやすい項目です。福利厚生に力を入れていると、従業員を大切にしている企業として社会的な評価を得やすく、多くの人からの信頼を獲得できるでしょう。社会的信用は売上アップや取引数の上昇などにつながる可能性があります。

 

5.法人税を節税する効果がある

福利厚生を充実させることは法人税の節税にも効果的です。福利厚生を充実させるためにかかる費用は、条件を満たした場合には非課税の対象となります。福利厚生費を計上できれば法人税の節税が可能で、企業の経済的負担を減らせます。

ただし福利厚生に使われた費用であっても一部の従業員のみを対象としたものや、社会通念上妥当ではないと見なされる支出は福利厚生費として計上できず非課税にもなりません。条件を満たした福利厚生費のみが法人税計算において損金として除外されるので、節税対策も視野に入れる場合は条件の確認を必ず行うようにしましょう。

 

 

中小企業におすすめの福利厚生

中小企業におすすめの福利厚生は、住宅手当や家賃補助、 旅行・レジャー施設などの割引制度、食事補助などです。それぞれ解説します。

 

住宅手当・家賃補助

住宅手当や家賃補助などの住宅関連の福利厚生は、生活に直結することもあり、従業員が重視する項目の一つです。企業によっても福利厚生の内容は異なり、大企業なら社宅や寮を保有していることも珍しくありませんが、中小企業にはあまり見られません。

企業によっては条件付きで住宅手当・家賃補助を提供しているケースもあります。例えば、指定のエリアに居住している場合のみ補助が受けられたり、年齢によって補助の割合を変えていたりしています。社宅や寮を用意できなくても、住宅手当や家賃補助の導入は中小企業でも取り入れやすいでしょう。

 

旅行・レジャー施設などの割引制度

旅行やレジャーに関する費用を負担する福利厚生です。よくある福利厚生の内容としては、旅行や宿泊施設、遊園地や映画館といったレジャー施設の利用費、スポーツジム代金の割引や補助などがあります。近年では健康志向の高まりとともに、運動不足解消のためスポーツジムを利用したいという人が増えています。

旅行やレジャー関連の福利厚生は人気があり、導入を希望する人が一定数いる一方、生活環境やライフスタイルによっては利用する機会がない人もいます。福利厚生の導入を検討する際は、できるだけ多くの従業員が公平に利用できるものを選ぶことが大切です。

 

食事補助

福利厚生のなかには食事補助関連のものもあります。代表的な食事補助の福利厚生としては、社員食堂の設置がありますが、中小企業ではスペースの確保や、工事や運営のための予算確保が難しい場合も考えられるでしょう。

食事補助の福利厚生としては他に、設置型社食や食事宅配サービスの導入、休憩用のお菓子スタンドの設置など、さまざまなものがあります。食事補助を検討するなら、比較的手軽に導入できて中小企業でも取り入れやすいものを選ぶことがおすすめです。

 

 

すぐに導入できる福利厚生

すぐに実施できる中小企業におすすめの福利厚生として、ウォーターサーバーの導入があります。導入方法やおすすめの理由について解説します。

 

ウォーターサーバーの導入

中小企業がすぐに実施できる福利厚生としておすすめなのは、ウォーターサーバーの導入です。ウォーターサーバーの導入なら大きなコストもかからず、工事なども不要で時間をかけず取り入れられます。

水分補給は健康維持に不可欠です。オフィスにウォーターサーバーがあれば、従業員は自販機などで飲料を買う必要がなく、日々の飲み物代を節約できます。また、いつでも手軽に新鮮なお水が飲めることで健康的な生活が送れるでしょう。

 

またウォーターサーバーがあればお湯も簡単に使えるため、お茶やコーヒーを淹れる際にも便利です。職場が快適になることで働きやすい環境が実現できます。

 

 

中小企業の福利厚生にはウォーターサーバーの導入がおすすめ

大企業と比べて中小企業では、福利厚生にかけられる費用に限りがあるケースが少なくありません。しかし求人でのアピールに役立ち、従業員の定着率を上げるために効果的な福利厚生の実施は中小企業にも必要です。

中小企業の福利厚生の一つとして、ウォーターサーバーの導入がおすすめです。ウォーターサーバーがあればオフィスが快適で働きやすくなり、従業員の健康維持にもつながります。

 

サントリー天然水ウォーターサーバーなら簡単に導入でき、場所もとらず設置が可能です。お水だけでなくお湯も利用できるため、業務中のお茶やコーヒーの用意にも活用できます。

一覧に戻る ▶

サントリー天然水
ウォーターサーバーチーム

南アルプスの天然水を、ご家庭でも。サントリー天然水 ウォーターサーバーチームでは、ウォーターサーバーの導入を検討している方向けに、天然水ライフの楽しみ方や最新の情報を発信していきます。

ウォーターサーバー
TOPページはこちら