ウォーターサーバーの衛生面が気になる人へ!清潔を保つためのお手入れ方法

2022/08/30 更新日:2024/04/22

ウォーターサーバーに興味がある人や、すでに使用している人の中には衛生面が不安という人もいるのではないでしょうか。お水は毎日口にするものなので清潔で安全なものを選ぶことが大切です。

この記事では、ウォーターサーバーの衛生面が気になる人に向けて、ウォーターサーバーに雑菌が繁殖してしまう理由や衛生的に使用するポイント、日常的なお手入れ方法などを解説します。ぜひ参考にしてください。

 

ウォーターサーバーに雑菌が発生してしまう理由とは

ウォーターサーバーに雑菌が発生する場合、どのような理由があるのでしょうか。まずは、ウォーターサーバーに雑菌が発生してしまう主な理由について解説します。

 

理由1:水道水と違い塩素が含まれていないため

水道水には塩素が含まれていますが、ウォーターサーバーのお水には塩素が含まれていません。水道水の原料はダムに貯水した雨や雪であるため、塩素消毒をする必要があります。一方、ウォーターサーバーのお水は、ミネラルウォーターやRO水を利用しているため、塩素での消毒は必要ありません。ろ過や加熱処理などを施すことで安心して飲むことが可能です。塩素が含まれていないため、ウォーターサーバーのお水は水道水と比べて雑菌が繁殖しやすいのです。

なおサントリー天然水ウォーターサーバーの天然水は、品質管理を徹底しており、お水の安全性が高いため安心して使用できます。品質管理方法の詳細については後述するので、ぜひ参考にしてください。(※)

※出典:水質〈水道水の安全性・その他〉よくある質問|東京都水道局

 

理由2:給水口が外気にさらされているため

ウォーターサーバーの容器に詰められた状態のお水は密封されているため、雑菌が繁殖する心配がなく安全です。しかし、サーバー本体の給水口は外気にさらされているため、雑菌が付着する可能性があります。例えば、給水口に手で触れてしまう、カップや鍋などが触れる、ホコリが付着するなどのリスクが考えられるでしょう。

また、給水口に付着した雑菌がサーバー内部で繁殖する可能性があります。給水口が外気にさらされることで雑菌が付着し、繁殖しやすい環境になるリスクがあるため、本体の日常的なお手入れが必要です。

 

ウォーターサーバーを衛生的に使うためのポイント

ウォーターサーバーの使い方によっては雑菌が繁殖する可能性があります。衛生的に使うためのポイントを押さえておくことが大切です。そこで、ウォーターサーバーを衛生的に使うためのポイントを解説します。

 

ウォーターサーバーの電源は常に入れたままにしておく

節電のために使う時だけ電源を入れたいと思う人もいるかもしれません。しかし、ウォーターサーバーの電源は切らずに常に入れたままにしておくことが大切です。機種によってはサーバー内を雑菌から守るオートクリーンシステムという機能があり、本体の電源を切ってしまうとオートクリーンシステムが作動しなくなってしまうからです。また、電源を切るとタンク内の温度が一定に保てなくなるため、お水の品質を損なう可能性もあります。

ウォーターサーバー内のお水を適切な温度で保ち、安全に保管するためには、電源を入れてオートクリーンシステムを作動させておくことがポイントです。

 

お水は賞味期限内に飲み切るようにする

ウォーターサーバーのお水には賞味期限が定められています。サントリー天然水ウォーターサーバーの場合、未開封の状態で製造月より12カ月が賞味期限です。

ウォーターサーバーで利用するメーカーによって賞味期限は異なるため、ウォーターサーバーを使用する際にはそれぞれのメーカーの賞味期限を確認してください。

また、お水の容器を開封した後は雑菌が繁殖することもあるため、賞味期限に関わらず早めに使い切ることが大切です。

 

定期的にお手入れをする

ウォーターサーバーのメーカーや種類によっては、定期的にメーカーによるメンテナンスが必要な場合があります。メーカーによってメンテナンス方法は異なるため、あらかじめウォーターサーバー会社のホームページなどで確認するようにしましょう。

サントリー天然水ウォーターサーバーには、おいしさキーパー機能が搭載されています。そのため、メーカーによる定期的なメンテナンスは不要です。お水を美味しく飲むための日常的なお手入れだけで安心して利用できます。サントリー天然水ウォーターサーバーの日常的なお手入れ方法については後述します。

 

サントリー天然水ウォーターサーバー「安全」へのこだわり

先述したように、サントリー天然水ウォーターサーバーは徹底した品質管理を実施しています。具体的にどのような品質管理を行っているのかについて解説します。

 

使用するお水は工場でしっかり管理

サントリーの工場で使用するお水は、工場で日常的に分析と検査を実施して管理しています。科学的な分析や微生物検査で細菌による汚染がないかどうかの安全性を確認するのはもちろん、人の五感を用いる官能検査によって、分析機器では感知できないような水の変化も確認しているため、安心して利用できます。

 

科学的にお水の「安全」を保証

サントリーグループには、安全性科学センターがあります。安全性科学センターでは、サントリーウォーターサーバーで使用するお水を国内すべての工場から取り寄せて定期的に分析・検査し、お水の安全性を保証しています。

国内外の工場から送られた分析用のお水サンプルは、専用冷蔵庫に保管しています。定期検査の項目数は、約140項目と膨大な数です。検査項目は水道法・水質基準項目だけでなく、サントリーグループ独自の項目も含まれており徹底検査されているため安全です。

※出典:サントリー天然水:「安全」へのこだわり

 

サントリー天然水ウォーターサーバーの日常的なお手入れ方法

先述のように、サントリー天然水ウォーターサーバーには、おいしさキーパー機能が搭載されているためメーカーによる定期的なメンテナンスは必要ありません。ただし、衛生的に使用していただくための簡単なお手入れは必要です。ここでは、サントリー天然水ウォーターサーバーの日常的なお手入れ方法を紹介します。

 

コネクターのお手入れ方法

空気中や人間の手には多くの雑菌がいます。雑菌の繁殖を防ぐためには、コネクター部分のお手入れが必要です。コネクターとは、天然水ボックスをセットする場所にある金属の接続部分のことです。お手入れ方法は以下のようになっています。

1:使用後の天然水ボックスをサーバーから外して、レバーを左に回す

2:除菌アルコールウェットティッシュで、コネクターを拭く

3:キッチン用アルコール除菌スプレーをコネクター部分に噴きかける

4:噴きかけたアルコールが乾くまで待って、レバーを右に回して新しい天然ボックスをセットする

 

注水口・水受けトレイのお手入れ方法

お湯やお水を注ぐ注水口は、飲み物や料理の汚れが付いたり、手で触れてしまったりするケースがあるため雑菌が付着しやすい部分です。そのため、定期的なお手入れが必要です。ウォーターサーバーを使用する際には、雑菌が付着することを避けるため、コップや調理器具などが注水口に付かないように注意しましょう。

注水口や水受けトレイのお手入れ方法は以下の通りです。

1:注水口を除菌アルコールウェットティッシュで拭く

2:注水口の内側約1cmは綿棒などで拭き、アルコール除菌スプレーを噴きかける

3:注水口付近にコーヒーなどの汚れがはねていたら、除菌アルコールティッシュで拭き取る

4:水受けトレイを取り外して、丸ごとキッチン用中性洗剤で洗う

※出典:サントリーウォーターサーバー:日常的なお手入れ方法

 

ウォーターサーバーを衛生的に使って美味しいお水を飲もう

ウォーターサーバーを衛生的に使用するためには、日常的なお手入れが必要です。また、お水を開封したら早めに飲み切るようにし、電源は常に入れたままにしておくことを意識しましょう。

サントリー天然水ウォーターサーバーは、安全性にこだわった天然水を提供しているため安心です。また、おいしさキーパー機能を搭載しているため、メーカーによる定期的なメンテナンスが必要なく、日常的なお手入れをすることで衛生面を保てます。

一覧に戻る ▶

サントリー天然水
ウォーターサーバーチーム

南アルプスの天然水を、ご家庭でも。サントリー天然水 ウォーターサーバーチームでは、ウォーターサーバーの導入を検討している方向けに、天然水ライフの楽しみ方や最新の情報を発信していきます。

ウォーターサーバー
TOPページはこちら