白湯はどうやって作るの? 続けるコツやアレンジ方法を解説

「白湯を飲むと良い」という話はよく耳にするけれど、そもそも白湯とは何なのか、どのように作るのかなどについて疑問に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

白湯は簡単に作れる上、体にも嬉しい効果をもたらしてくれる飲み物であるため、白湯を飲むことを習慣にし、その恩恵を受けたいものです。

そこで本記事では、白湯の概要や効果、白湯を続けるコツ、白湯のアレンジ方法などについてご紹介いたします。

白湯を始めようか悩まれている方や、普通の白湯に飽きてしまった方は、ぜひ参考になさってください。

白湯とは?

そもそも白湯とは、何も入れていない水を一定時間沸かしただけのお湯のことを指します。

「湯冷まし」と呼ばれることもあり、昔から薬を飲む際に飲用したり、赤ちゃんの水分補給としても使われていました。

 

白湯の作り方

そんな白湯の作り方は、非常に簡単です。

何も混ぜていない水をやかんや鍋に入れて沸騰させてください。

沸騰させる分、水が少なくなるため、水は多めに入れておくと良いです。

沸騰させ終わったら、そのお湯を50度程度まで冷ませば白湯ができあがります。

 

白湯の効果

白湯には内臓温度を上げてくれる効果があります。

温かい白湯が体内に入ってくると、胃や腸が温められ、内臓温度が上昇すると基礎代謝が上がると同時にエネルギー消費率もアップするのです。

代謝がアップすることでさまざまな健康効果を与えてくれる上に内臓の冷え防止にも繋がるため、ぜひ白湯を積極的に飲んでみてください。

 

白湯を作る時はどんな水を使えば良い?

白湯を作る時、多くの方は水道水を使っているかと思います。

しかし水道水には殺菌のためのカルキが含まれており、その臭いが気になることも。

臭いは特に気にならないという方であれば水道水でも問題ありませんが、臭いに敏感な方は、白湯を作る際にミネラルウォーターを使うと良いでしょう。

ミネラルウォーターはろ過、オゾン殺菌や紫外線殺菌、水への空気の混入などの調整が行われたクリーンな水で、カルキ臭が気になることはありません。

日本のミネラルウォーターは基本的に無味無臭であるため、抵抗なく飲めるのではないでしょうか。

 

白湯を続けるコツ

簡単に作れる白湯ですが、沸騰させなければいけないため、時間がない時は少し手間に感じる場合もあるでしょう。

「手間だ」「億劫だ」と感じたままでいると、せっかく始めた白湯を継続することができません。

そんな時は、「朝起きたらすぐに水を沸かし始める」「夜のうちに白湯を作って保温ボトルに入れておく」などの工夫をしてみてください。

朝起きてすぐに白湯のために水を沸かし始めれば、洗顔や歯磨きなど、他の準備をしている間に白湯ができあがります。

また夜、寝る前に白湯を作って保温ボトルに入れておけば、朝はそれをカバンに入れるだけでその日一日、手軽に白湯を摂取することができるでしょう。

少しの工夫で白湯を続けやすくなるため、ぜひ実践してみてください。

 

白湯を簡単に作る方法

ただ、どう工夫をしても沸騰時間が煩わしく感じてしまう場合もあるでしょう。

例えば朝起きるのがギリギリになってしまった時や、夜疲れていて水を沸かす気力がない時などは、白湯を作るのがどうしても面倒に感じてしまうこともあるはずです。

そこでご活用いただきたいのが、ウォーターサーバー。

ウォーターサーバーであれば温水と冷水がボタン一つで出てくるため、それらを混ぜれば簡単に白湯を作ることができます。

忙しい朝や疲れた夜でも、水を沸かすよりも簡単に白湯を作れるため、毎日続けやすくなるはずです。

また、ウォーターサーバーの水はミネラルウォーターであるため、カルキ臭も気になりません。

「ウォーターサーバーは便利だけど、場所を取るのでは……?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、昨今のウォーターサーバーはコンパクトタイプなど種類も豊富であるため、きっとお部屋にマッチしたウォーターサーバーを見つけられるはずです。

 

白湯が苦手な場合はアレンジして飲もう

健康に良い影響を与えてくれる上、ウォーターサーバーを使えばより手軽に作れる白湯ですが、「お湯の味が苦手」という方も中にはいらっしゃるかもしれません。

そんな時は、白湯にちょっとしたアレンジを加えてみましょう。

甘さがほしければ、カップ一杯あたりティースプーン一杯のはちみつを加えてみてください。寝る前のリラックスタイムにぴったりの味わいになります。

さっぱりとした味に仕上げるのであれば、白湯にレモンを加えるのもおすすめです。

カップ一杯にレモンのくし形切りを1~2個入れてみましょう。寝起きの口の中をさっぱりとさせてくれます。

しょうがなどを加えるアレンジもおすすめです。ピリッとした味わいがアクセントになって飲みやすくなるかもしれません。

ただししょうがは入れすぎると味がきつくなるので、味見をしながら量を調整してください。

 

手軽に作れる環境を作って白湯を習慣づけよう

本記事でご紹介したように、白湯を作ることは比較的簡単ではあります。

水を沸かして冷ますだけで良いので、時間がある時などはそれほど手間に感じずに作ることができるはずです。

ただ、起床がギリギリになってしまった時や、仕事から帰ってきて疲れている時などは、その沸かす作業ですら億劫に感じてしまうこともあるでしょう。

白湯を負担なく続けるには、ウォーターサーバーの活用がおすすめです。

温水と冷水を混ぜるだけ、30秒もかからずに白湯が手に入るため、白湯を無理なく続けるための手助けになってくれます。

味が苦手な方は先述したアレンジも参考にし、ぜひ白湯を習慣化してみてください。

 

毎日の白湯作りをスムーズに行うため、サントリーの天然水ウォーターサーバーもチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

サントリー天然水ウォーターサーバーTOPページへ

送料0円  最短お届け7日