ウォーターサーバーの料金は高い?水道水やペットボトルとの違い

ウォーターサーバーはいつでも手軽においしい水が飲める便利なものです。しかし、「高額な料金がかかりそう…」と導入をためらってしまう方も少なくありません。各メーカーから、さまざまな種類のウォーターサーバーが提供されているため割高に感じてしまう方もいるでしょう。

 

本記事では、ウォーターサーバーの料金が高い理由やペットボトルなどのコスパとの比較を解説します。ウォーターサーバーを使用中で料金が気になっている方や導入を検討している方はぜひ参考にしてください。

 

ウォーターサーバーの料金が高い理由とは

ウォーターサーバーは用途や利用人数などに合わせたものを選ばないと料金が高くなる可能性があります。したがって、用途や利用人数に合ったものを選ぶことが大切です。

 

ウォーターサーバーの料金が高くなる原因は水の消費量とも関係しています。水の消費量が多い方は定額制を選べば料金が高くなるのを抑えられるでしょう。また、ウォーターサーバーをレンタルする場合はレンタル料やサポート料が必要なケースもあります。ウォーターサーバーに省エネ機能がない場合も電気代が高くなるでしょう。

 

コスパ比較!ウォーターサーバー・ペットボトル・その他

下記の表は、ウォーターサーバーやペットボトル、水道水、浄水器を利用した場合に必要な料金の目安です。ちなみに、サントリーウォーターサーバーは、初期費用やメンテナンス料金が無料なのでお得に利用できます。

 

ウォーターサーバー ペットボトル(500ml) 水道水 浄水器
水代(500mlあたり) 約56~87.5円 約90~150円 約0.1円 約0.1円
電気代 約1,500円 冷蔵庫・電気ポットなどの利用に電気代が発生する
初期費用 基本的に無料 無料 無料 数千円~十数万円

 

出典:サントリー「1人暮らし(男性)のウォーターサーバーがある暮らし・ない暮らし」参照:2022-05-04)

 

標準的なご注文サイクルの目安

一般的な宅配型のウォーターサーバーを注文する場合は、最低注文数が決められています。例えば、サントリーウォーターサーバーの場合、7.8リットルの天然水3箱(合計23.4リットル)が毎月の最小注文数です。

 

500mlのペットボトルの天然水をコンビニで購入した場合にかかる費用は、1本あたり100円前後です。23.4リットル分を購入すると約4,700円かかります。サントリーウォーターサーバーで同じ量の水を購入した場合、4,050円(税込)の水代となるため、水を購入するための時間や料金を節約できます。

 

水以外でかかる料金

サントリー天然水のウォーターサーバーを例に、水代以外に発生する費用を解説します。一般的なウォーターサーバーをレンタルして使用した場合にかかる主な費用は以下のとおりです。

 

・サーバーのレンタル料

・初期費用

・配送料

・メンテナンス料

 

ただし、サントリー天然水の場合は上記の費用はすべて0円のため、実質的にかかる費用は水代のみです。前述したように、毎月の最小注文数7.8リットル×3箱を注文した場合、料金は水代の4,050円のみですが、ウォーターサーバー本体を購入すれば水代がさらに20%オフになります。長期間使用する場合は、サントリーウォーターサーバーを購入するとさらにお得です。

 

ウォーターサーバーは高くてもメリットがある

ウォーターサーバーの選び方によっては、ペットボトルよりも料金が高くなる可能性もありますが得られるメリットは大きいです。メリットの理由を解説します。

 

好きな時に冷水や温水が飲める

ウォーターサーバーは常時温度管理されているため、いつでも冷水や温水が飲めるメリットがあります。ペットボトルの水などを購入した場合、冷水を飲みたい時は冷蔵庫に一定時間入れておかなければなりません。また、温水が必要になった時はやかんやケトルで沸かす必要があり、電気代や手間がかかります。

 

ウォーターサーバーなら冷水と熱湯をすぐに利用できるため、料理や赤ちゃんのミルク作りなどにも重宝します。

 

買い物に行く手間が省ける

ウォーターサーバーを利用するメリットはスーパーなどへ水を買いに行く手間がかからないことです。ペットボトルの水を利用する場合、その都度スーパーなどへ買いに行く必要があり、持ち運びも大変です。また、購入した水の保管場所も確保しなければなりません。

 

ウォーターサーバーなら水を自宅などに配達してもらえるので便利です。月ごとに必要な量の水が定期的に届くため、水の保管場所に広いスペースを用意しておく必要もありません。

 

家庭から出るゴミが削減される

ウォーターサーバーを導入すれば家庭から出るゴミの量を減らすことも可能です。ペットボトルの水を使用する場合は、空になった容器が溜まります。自治体のルールによってはペットボトルの回収は月に1度のため、保管場所に困るケースもあるでしょう。

 

ウォーターサーバーの場合、一つのボトルが大容量なのでゴミの量も減らせることもメリットです。また、家庭から出るゴミを削減することで自然に地球環境に優しい取り組みにつながります。

 

災害時に備えられる

ウォーターサーバーは災害などの備蓄用の水にも利用できるメリットがあります。日本列島は地震や台風などの自然災害のリスクも少なくないため、断水や消費者の買いだめによってペットボトルの水がスーパーなどの店頭からなくなると飲み水を確保できなくなる可能性もあるでしょう。

 

災害時に備えていつでも利用できる水の備蓄があると安心です。サントリーの天然水ボックスは、箱型で最大5箱(37リットル分)まで積み重ねられるので、置き場所のスペースもとりません。

 

サントリーのウォーターサーバーがおすすめの理由

サントリーのウォーターサーバーがおすすめの理由を以下でくわしく解説します。

 

ナチュラルミネラルウォーターだから美味しくて安心

サントリーのウォーターサーバーはナチュラルミネラルウォーターを使用しているため、味はおいしく衛生的にも安心です。ナチュラルミネラルウォーターは地中でミネラル成分が溶け込んだ地下水を指します。他の水に比べて内蔵に負担がかかりにくい軟水なので、赤ちゃんに飲ませるミルクに使用するのもおすすめです。

 

ミネラルウォーターはナチュラルミネラルウォーターに、ろ過・沈殿・加熱殺菌・ミネラル分調整・ブレンドなどの加工処理を施した水です。ボトルドウォーターは水道水を含む飲用に適した水を意味します。RO水は水道水などにミネラル成分を添加した水です。

 

高機能のサーバーでいつでも清潔な水が飲める

サントリーウォーターサーバーのメリットの一つは、優れた機能が搭載されているのでいつでも清潔な水を飲めることです。「おいしさキーパー」機能は天然水のおいしさを守るための業界最高水準のオートクリーンシステムを採用しています。毎日決まった時間に自動清掃機能が稼働します。

 

「4段階温度設定」機能は冷水・温水ごとに2段階に分けて温度設定できる機能です。通常モードの冷水は4〜9度で温水は85〜92度です。弱冷モードなら12〜15度、弱温モードは70〜75度で設定できます。

 

初期費用や配送料・メンテナンス料がかからない

サントリーのウォーターサーバーのメリットは、初期費用を始め配送料やメンテナンス料がかからないことです。メーカーによっては初期費用がかかるケースも少なくありません。

 

しかし、サントリーのウォーターサーバーは、初期費用がかからないためコスパがよく、経済的な負担を減らせます。例えば、3箱1セットから注文できるなど家族の人数に合わせて必要な量だけを注文できて便利です。また、マイページから簡単に注文数を変更できます。

 

見た目がスタイリッシュでおしゃれ

サントリーのウォーターサーバーのメリットは、スタイリッシュなデザインでおしゃれな見た目です。水が入ったボトルはウォーターサーバーに収納できるので、お部屋のインテリアの邪魔になりません。

 

ウォーターサーバーのカラーはブラックとホワイトの2種類があり、お部屋のインテリアや雰囲気に合ったものを選べます。ウォーターサーバーは、新聞紙片面の約半分のスペースがあれば置き場所を確保できるため、コンパクトに収まります。

 

ウォーターサーバーは高いけど選び方によってメリットが大きい

ウォーターサーバーにかかる費用は用途や家族構成によって高くなる場合があります。しかし、水を買いに行く手間やゴミの量を削減でき、いつでも冷水・温水が飲めるなどのメリットが得られます。

 

サントリー天然水のウォーターサーバーは、ナチュラルミネラルウォーターのおいしさを味わえる専用の高機能サーバーです。「4段階温度設定」や「おいしさキーパー」などの優れた機能が搭載されているため、いつでもおいしくて安心な冷水やお湯を使用できます。レンタルしても水代以外の料金がかからないためコストパフォーマンスにも優れています。ウォーターサーバーをご検討の方はぜひお試しください。

 

サントリーのウォーターサーバーはこちら

https://www.suntoryws.com/

送料0円  最短お届け7日